• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

精神分析の四基本概念[下]

¥1,111

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

精神分析の四つの基本概念――無意識・反復・転移・欲動――の本質に迫る、ラカンのセミネールの記録。「無意識は一つのランガージュとして構造化されている」という定式を打ち立てた後、下巻では、転移と分析家、欲動と疎外、主体と〈他者〉の関係など、重要な問題が次々に検討される。文庫化にあたり訳文を全面的に見直した。(全2巻)
[出版社より]


著 者|ジャック・ラカン
編 者|ジャック=アラン・ミレール
訳 者|小出浩之・新宮一成・鈴木國文・小川豊昭
出版社|岩波書店[岩波文庫]
定 価|1,010円+税
判 型|文庫判
頁 数|384

ISBN|9784003860175
初 版|2020年10月


Contents
転移と欲動
 X 分析家の現前
 XI 分析と真理、あるいは無意識の閉鎖
 XII シニフィアンの列の中の性
 XIII 欲動の分解
 XIV 部分欲動とその回路
 XV 愛からリビードへ

〈他者〉の領野、そして転移への回帰
 XVI 主体と〈他者〉──疎外
 XVII 主体と〈他者〉(Ⅱ)──アファニシス
 XVIII 知っていると想定された主体、最初の二つ組、そして善について
 XIX 解釈から転移へ

このセミネールを終えるにあたって
 XX 君の中に、君以上のものを

編者説明文
後 記
講義要約
文庫版 訳者覚え書き
二〇〇〇年版 訳者覚え書き


【上巻目次】
 I 破 門

無意識と反復
 II フロイトの無意識と我われの無意識
 III 確信の主体について
 IV シニフィアンの網目について
 V テュケーとオートマトン

対象aとしての眼差しについて
 VI 目と眼差しの分裂
 VII アナモルフォーズ
 VIII 線と光
 IX 絵(タブロー)とは何か

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 高架線
    ¥715
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 人=人生=建築 ユイイツムニの家
    ¥2,640

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。