• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

めんどくさい本屋——100年先まで続ける道

¥1,870

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

混沌としたミライを渡っていくための、本という名のチケット。レーベル『ミライのパスポ』第2弾!

本屋をやるのは、誰かのため? 自分のため? 本のため? 答えは出なくても、もし100年後に本屋という場所そのものがなくなってしまっているかもしれないのなら、どんな手段を使ってでも、ぼくは自分の本屋を生き残らせる。

青臭くて遠回りで、やることばかり増やしてしまって右往左往。それでも本屋のためになることなら、どんなことにでもトライし続ける。東京・赤坂の選書専門書店『双子のライオン堂』から本と本屋の未来を築く、たいそう「めんどくさい」店主のこれまでとこれから。
[出版社より]


著 者|竹田信弥
出版社|本の種出版
定 価|1,700円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|244

ISBN|978-4-907582-21-0
発 行|2020年04月


Contents
はじめに
双子のライオン堂宣言
双子のライオン堂について

第0章 双子のライオン堂と店主の日常―ある1週間の動き

第1章 気がつけば本屋をやっていた
 1 閉塞感からの脱出
 2 出会い
 3 双子のライオン堂、開業
 4 水面下のネット古書店
 幕間:いつも「外側」にいる自分 ①小学生と死生観

第2章 2足・3足・4足の草鞋を履く男
 1 「就活」混沌記
 2 会社員の自分、ネット古書店主の自分
 3 本屋として生きるために
 4 いざ、選書専門のリアル店舗へ
 幕間:いつも「外側」にいる自分 ②普通でいたい、でも真っ直ぐな道から外れてしまう

第3章 100年続ける本屋の現在地
 1 リアル店舗で見つけたもの
 2 白山からの旅立ち
 3 赤坂で物件を買う
 4 赤坂店での4年間
 幕間:いつも「外側」にいる自分 ③家族という存在、友人という存在

◇座談会◇双子のライオン堂の読書会―誰のための本屋? なんのための本屋? 前編(竹田信弥✕田中佳祐✕松井祐輔✕中村圭佑)
 第1部 店主との出会い
 第2部 『しししし』の過去と未来

第4章 この場所に集まる人たちと
 1 お客様と話すこと
 2 常連さんと悩める人たち
 3 店番のひとりごと
 4 イベントの日
 幕間:いつも「外側」にいる自分 ④落ち着きのなさと、身軽さと

◇座談会◇双子のライオン堂の読書会―誰のための本屋? なんのための本屋? 後編
 第3部 ライオン堂の今を考える
 第4部 ライオン堂の未来に向けて

第5章 双子のライオン堂の「外側」から
 1 伝えることの役割
 2 本屋の未来に必要なこと
 3 生き残るために必要なこと
 4 双子のライオン堂の未来、ぼくのミライ

おわりに


Author
竹田 信弥 Shinya Takeda
1986年東京都生まれ。双子のライオン堂・店主。高校2年時にネット古書店を開業し、2004年5月に双子のライオン堂へリニューアル。大学卒業後はベンチャー企業勤務などを経て、2013年4月、東京都文京区白山にリアル店舗をオープン。2015年10月に東京都港区赤坂に移転した。「ほんとの出合い」「100年残る本と本屋」を同店のコンセプトに掲げ、店舗運営のかたわら、読書推進活動などにも携わっている。2019年、雷鳥社より刊行された『街灯りとしての本屋』の構成を担当。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 笹岡啓子写真集 / Remembrance 三陸、福島 2011-2014
    ¥9,900
  • キングコング・セオリー
    ¥1,870
  • 性と芸術
    ¥1,760

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。