• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

死刑について

¥1,320

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

加害者への憎悪が煽られ、死刑を存置し続ける社会は何かを失っていないか。小説家が根源から問う。


死刑廃止の国際的な趨勢に反し、死刑を存置し続ける日本。支持する声も根強い。しかし、私たちは本当に被害者の複雑な悲しみに向き合っているだろうか。また、加害者への憎悪ばかりが煽られる社会は何かを失っていないだろうか。「生」と「死」をめぐり真摯に創作を続けてきた小説家が自身の体験を交え根源から問う。
[出版社より]


著 者|平野啓一郎
出版社|岩波書店
定 価|1,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|140

ISBN|9784000615402
初 版|2022年06月


Contents
・死刑は必要だという心情
・「なぜ人を殺してはいけないのか」の問いに向き合って
・多面的で複雑な被害者の心に寄り添うとは──「ゆるし」と「憎しみ」と
・なぜ死刑が支持され続けるのか
・「憎しみ」の共同体から「優しさ」の共同体へ──死刑の廃止に向けて


あとがき

付録 死刑に関する世界的な趨勢と日本
(1)死刑廃止国と存置国
(2)二〇二〇年に死刑を執行した国と件数
(3)日本の死刑執行者数と確定者総数の推移
(4)死刑をめぐる日本の世論


Author
平野 啓一郎 Keiichiro Hirano
1975年,愛知県生まれ.北九州市出身.1999年,京都大学法学部在学中に投稿した『日蝕』により芥川賞受賞.数々の作品を発表し,各国で翻訳紹介されている.2020 年からは芥川賞選考委員を務める.主な著書は,小説では『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』『マチネの終わりに』(渡辺淳一文学賞受賞)『ある男』(読売文学賞受賞)『本心』等,エッセイ・対談集に『本の読み方 スロー・リーディングの実践』『小説の読み方』『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方──変わりゆく世界と分人主義』『考える葦』『「カッコいい」とは何か』等がある.

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • アレクシエーヴィチとの対話——「小さき人々」の声を求めて
    ¥3,190
  • 哲学の起源
    ¥1,342
  • 人種主義の歴史
    ¥1,034

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。