• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

人種主義の歴史

¥1,034

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「人種」という根拠無き考えに基づく差別と排除は、なぜ近現代世界に計りしれぬ惨禍をもたらしたのか——。

「人種」という根拠無き考えに基づいて、人を差別・排除する。人種主義(レイシズム)は、ナショナリズム、植民地主義、反ユダヤ主義等と結びつき、近代世界に計りしれぬ惨禍をもたらし、ヘイトスピーチや黒人差別など、現代にも深い影を落としている。大航海時代から今日まで、その思想と実態を世界史的視座から捉える入門書。
[出版社より]


著 者|平野千果子
出版社|岩波書店[岩波新書]
定 価|940円+税
判 型|新書判
頁 数|270

ISBN| 9784004319306
初 版|2022年05月


Contents
序章 人種主義を問う

第一章 「他者」との遭遇――アメリカ世界からアフリカへ
 第1節 大航海時代
 第2節 ノアの呪い――黒人蔑視の淵源

第二章 啓蒙の時代――平等と不平等の揺らぎ
 第1節 人間を分類する
 第2節 思想家たちと奴隷/奴隷制

第三章 科学と大衆化の一九世紀――可視化される「優劣」
 第1節 人間の探究と言語学
 第2節 人種の理論書
 第3節 優劣を判定する科学

第四章 ナショナリズムの時代――顕在化する差異と差別
 第1節 諸科学の叢生
 第2節 国民国家の形成と人種
 第3節 新らたな視角――黄禍論、イスラーム、反ユダヤ主義

第五章 戦争の二〇世紀に
 第1節 植民地支配とその惨禍
 第2節 ナチズム下の人種政策
 第3節 逆転の位相

終章 再生産される人種主義

 あとがき
 主要参考文献/図版出典一覧


Author
平野 千果子 Chikako Hirano
1958年,東京都生まれ。現在武蔵大学人文学部教授。フランス植民地史専攻。著書に『フランス植民地主義の歴史』(人文書院)『フランス植民地主義と歴史認識』(岩波書店)『アフリカを活用する』(人文書院)『新しく学ぶフランス史』(編著,ミネルヴァ書房)『グローバリゼーションと植民地主義』(共著,人文書院)『欧州統合の半世紀と東アジア共同体』(共著,日本経済評論社)『ヨーロッパ史講義』(共著,山川出版社)マルク・ブロック『奇妙な敗北』(翻訳,岩波書店) ほか。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。
¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

Related Items

  • 力と交換様式
    ¥3,850
  • 世界史の構造
    ¥1,540
  • 哲学の起源
    ¥1,342

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。