ガジュマル

うちには1本の小さなガジュマルの樹がある。
一人暮らしを始めた時に、弟がくれたガジュマルだ。
元々、植物を育てることがとても苦手な私は、頑張って育てよう!!
というより、いつまで持つかな~なんて失礼なことを考えていた・・(ごめんなさい)
でも、そのガジュマルは強かったのか、あれから5年たった今でも、小さな鉢の中でイキイキしている。
そんな、ガジュマル、今では、私の特別な樹になっている。
それは、単に5年間一緒にいたからというわけではなく、そのガジュマルには不思議な力があると私が思っているからだ。

実はそのガジュマルの樹、一部がグーーン、と不恰好に伸びている。
初めてそこが伸びたのは、もらってから3年目。
変に伸びてきっちゃた~、切っちゃおうかなー、と思っていたら、妊娠が発覚。
おやおや、これは。
と思い切らずに。
次に伸びたのは、去年。
伸びて、そこに新芽が生き生きと生えだしたころ、元気に娘が生まれてきた。
おやおや、これは。
そうなんです、これは、お守りになる樹。
しかも、娘の。
と思い、それからは重宝しています。

そもそも、沖縄育ちの私。
ガジュマルにはとても親近感があった。(沖縄はガジュマルだらけ)
学校に植えられているガジュマルの大木に上って遊んだり、その木の実が熟したころには食べてみたり。
葉っぱで笛を作ってみたり。
そう考えると、何か昔から守られていたのかも、とこじつけたくなってきた(笑)

とうか、そもそも、ガジュマルの花言葉はなんだろうと調べてみると、その花言葉は「健康」。
本当に、私と娘にぴったりの意味だと思いながら、調べたページを読み進めていくと、「ガュマルの別名→絞殺しの樹」と書かれていた・・・
なんでも、ガジュマルは、アスファルトやコンクリートを突き破って大きくなる程、力(?)が強く、土台となった木は枯れていってしまうようだ。
あら~、と読まなかったことにしておいて・・

これからも娘が健康ですくすく育ち、うちのキジムナー(ガジュマルにすむ妖精)になってもらえるように、大事にしようと思った。

お風呂

私の大事な仕事の一つに、娘とのお風呂がある。
夕方時になると、準備をし始め、ご機嫌な時を見計らって入れるわけですが・・これが、大変・・。
まず、脱衣所に娘を置き、お風呂の扉を開け、娘をあやしながら自分がお風呂に入る。
終わったら、娘を脱がし、体をこすり、湯船に一緒に浸かる。
上がったら、娘を簡単に拭き、脱衣所に転がす。
自分簡単に拭く、部屋に行って娘の着替え、自分着替え・・・という手順。
一見すると簡単なように見えるかもしれませんが、これが結構大変。
しかも、寒くなってきた今日この頃。
脱衣所も寒いものだから、いかに早くお風呂に入れてあげられるかが重要・・。
本当に慌ただしいのです。

そんなお風呂ですが、最近面白い事も出てきました!
それは、娘との湯船につかっている時間。
今までは、湯船で手足をバタバタ動かすくらいだったのですが、今では、ガーゼで風船を作って遊んだり、口をお風呂につけてブクブクして遊んだり。(私が)
色んなことが分かり、色んなことに興味がわき、色々な遊びが出来るようになり、色んな反応が返ってくるようになりました。

所で、スイマーバという浮き輪を知っていますか??
1歳までのお子さんを持つお母さんには是非、調べて頂きたいのですが・・・簡単に言うと、首浮き輪なんです。
首のところに浮き輪を装着し、湯船につけると、肩から下が湯船につかり、浮き輪と頭だけがポコッと湯船から出ている状態になります。
この姿が・・・本当にかわいいんです!!
大きくなってくると、手足を動かすのですが、その姿がまた、カエルのよう。(笑)
最近の娘はこれをつけると、手で足を掴んで、その状態で浮いているので、まるでUFOのようです。(笑)
対象年齢はたしか1歳と少しだったので、気になる人は、是非スイマーバで検索してみてください!

ただ、気を付けて頂きたいのは、浮き輪を付けているから大丈夫だろうと目を離したすきに事故が・・・とうのが何件が報告されているようなので、必ず見ているときに遊んでくださいね!

お酒

お酒が大好きな私。
実は昔から好きだったわけではなく、旦那さんと出会い、飲みに行くようになってから、毎晩のように晩酌するようになりました。
妊娠、そして、授乳期のここ1年程、全くお酒を飲めていませんが、今の世の中は素晴らしい。
ノンアルコールで、普通のビールとほとんど変わらないテイストのものが販売されています。
ビールや酎ハイだけではなくて、なんとワインや、日本酒まであるそう。
本当に素敵な世の中ですね!!

しかし、普段はノンアルコールで充分なのですが、たまにテンションが高くなると、アルコールが欲しくなります。
あの、酔って気持ちいい感覚が恋しくなるのです。(笑)
(もちろん、それでも我慢しますよ。)

元々、ジュースのような酎ハイしか飲めなかった私がビールを飲めるようになったのは、祖父のおかげでした。
全くもってビールの美味しさが分からなかった私に、祖父が真夏のお風呂上りに最高にキンキンに冷えたビールを出してくれました。
これまた、キンキンに冷えたグラスで。
えぇ、ビールいらない・・・と思った私ですが、祖父の気持ちを汲んで一口。
!!!!これは!!!!
その美味しさったら、私は今何を飲んでいるの!?
というような衝撃でした!!
そこから、私のビール好きは始まりました。
そして、旦那さんと知り合い、ウーロンハイを飲むように。

元々、ジュースを飲む人間ではなかったので、甘くないお酒は美味しい、と気付いてからは、自然とウーロンハイを飲むようになりました。
そのころから、私も頭角を現わしはじめ・・旦那さんと2人で飲み歩き、焼酎ボトルを4本開けたりしていました・・
そんじゅそこらの男の子に負けない酒飲み!!
しかし、歳にはかてないもので、年々やはり弱くなるのもなんですね。
酔っぱらって、婚約指輪をなくしたりもしました。(汗)

今はもうどのくらい自分が飲めるのか分かりません。
もっと、もっと弱くなっているかも。それとも休んでいたから機能が回復したかも!

なにはともあれ、あと2人は子供が欲しい私。
再びお酒を飲めるのはいつになることやら・・